> カテゴリ
全体
お知らせ
イベント情報
事務局
リンク
その他
未分類
九条の会オフィシャルサイト
c0121029_2003945.gif
http://www.9-jo.jp
[PR]
# by novel9 | 2007-06-28 20:01 | リンク
憲法改悪反対共同センター
c0121029_19555919.jpg
http://www.kyodo-center.jp/
[PR]
# by novel9 | 2007-06-28 19:57 | リンク
MIC憲法学習会
日時:6月29日(金) 18:30~ 75人が参加しました。
c0121029_1602823.jpg
講師 渡辺治氏
「安倍政権は憲法『改正』で何をめざすのか~改憲手続き法成立後のいま、考える」
主催:日本マスコミ文化情報労組会議(略称MIC)

安倍政権を支える3つの要素を分析。

復古主義的な靖国派とよばれる層。イデオロギーでまとまった超タカ派内閣。

財界とアメリカは、海外で一緒に戦争をしてくれること、自分たちの海外の私有財産を守ってくれることを望んで支持していた。
しかし、ここへ来て、軍備の拡大はよいけれども、イデオロギーが強すぎて、中国やインドといった市場への参入が難しくなってきている。または従軍慰安婦など太平洋戦争の正当化に警戒心。
この層の要望にこたえて、一時期は靖国参拝への自粛や形だけの慰安婦謝罪、民主党への国民投票法案への歩み寄りなども行ったが、靖国派から「妥協している」と強力な反発があり、強硬路線へ戻る。

そして、構造改革で痛めつけられた保守層がよせていた、地方出身の政治家だから、もっとゆるやかにしてくれるだろうといった期待。
これは、裏切られ、地方の徹底的切り捨て路線は継続している。地方の利害を代表していた議員は抵抗勢力として排除。
地域医療、地方財政は、国が本来やるべき責務を地方への「自己責任」や予算や権限はない上でのカットにより、地方が「自主的」に住民サービスをやめるか地方の税金をあげるのかの選択をさせ、国民のクレームの矢面に地方自治体をたたせるようにしている。

ここにきての、強硬路線は任期中にどうしても憲法改正がしたいから。
憲法改正と同時に、集団的自衛権を解釈を変えることでなし崩しに、自衛隊の海外派兵をさらに強める。

憲法審査会設置と安全保障基本法の制定で、憲法をかえなくても軍国化できる道をひらく二本立ての戦略。


c0121029_15595288.jpg
[PR]
# by novel9 | 2007-06-15 00:33 | イベント情報
ニュース発送作業
日時:7月22日(日)11時~16時
場所:全印総連本部
*次号のニュースの配送作業を行います。
[PR]
# by novel9 | 2007-06-15 00:28 | 事務局
9条世界会議 2008年5月
9条世界会議が開催決定!

2008年5月4~6日
幕張メッセほか、全国各地で開催!


憲法9条にノーベル平和賞を!の会でも積極的に協力していくことを決定しました。

9条世界会議http://www.article-9.org/
c0121029_035225.gif
[PR]
# by novel9 | 2007-06-15 00:24 | お知らせ
   

憲法9条にノーベル平和賞をの会 活動報告
by novel9
> 検索
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧